Nori's Therapy Roomのブログ | 潜在意識からあなたの身体と心の問題を解決!Nori's Therapy Roomにお任せください。

Nori's Therapy Room
24時間メール予約受付
あなたが心身共に健やかに太陽に向かって成長されますように
ブログ
2020年06月24日 [人生の学び]

バンクシーに学ぶ

こんにちは。
身体と心のセラピストNorikoです。

先日ホームセンターに
行って来たのですが
黄色いハイビスカスの
あまりの可愛さに
我が家の一員に迎え入れちゃった
今日この頃
皆さまいかがお過ごしでしょうか?


さてさて。
ステイホームから解放されたので
ずっと行きたかった所へ。

b-1バンクシー展「天才か反逆者か?」


バンクシーと言えば
2018年に起きた
サザビーズでのシュレッダー事件
が有名ですよね。

この件で一気に子供から大人まで
世界中に彼の知名度が上がったかと
思うほどのインパクトを与えた
グラフィティーアーティスト。

とてもメッセージ性の強い
ストレートな作品でありながら
その中に込められた
バンクシー氏独特の愛の表現を
間近に感じたくて
平日の昼間に行って来ました。



bー1
「マジかよ〜
 お前ら本当に
 こんなゴミを買うのか?」


…というメッセージが。
サザビーズでの一件を彷彿とさせる作品。


bー3
「落書き一つで世界が変わるとき
 落書きが違法になる」


落書きには何の意味を持たず
価値もないという
世間一般的な常識からの目線を
バンクシー独特のユーモアで
切り返したのでしょうか?

グラフィティーアートを通した
バンクシーのメッセージが
人種や言葉、性別をも超えた
多くの人々に影響を与えるほどの
パワーをどれだけ秘めているのか?
一目瞭然ですね。


bー4
「世界をより良い場所にしたいと
 思って警官になった奴もいる。
 世界をより見栄えの良い場所に
 したいからと破壊者になる
 奴らもいる。」


鋭いメッセージ!
ある種の「正義感」が ”奴ら”を
破壊者にさせてしまうのでしょうか?




お前は目覚めたいのか?
それとも
このまま埋もれたままでいたいのか?


資本主義にどっぷりと浸かっている
ワタシ達に対して

「目覚め」

という冷水を浴びせる
バンクシーのクールな作品から
愛のジャブを受けた1日となりました〜。

皆さまも機会がありましたら
ぜひ足をお運び下さいね♪



今日も読んでくださり
どうもありがとうございました。




art「物事の本質は隠されていることが多い」
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop