Nori's Therapy Roomのブログ | 身体と心の問題解決ならNori's Therapy Roomにお任せ下さい

Nori's Therapy Room
24時間メール予約受付
あなたが心身共に健やかに太陽に向かって成長されますように
ブログ
2018年12月01日 [衣食住]
こんにちは。
身体と心のセラピストNorikoです。

両脇に立っているイチョウ並木を
眺めながらドライブしていたのですが
黄金一色なカラーが
さらに気分を高めてくれて
本当に良い季節だな〜と
しみじみ感じる今日この頃
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

イチョウ

今日から12月に入りましたね〜。
木枯らし1号がまだ吹いていないとか
ニュースで流れていましたが
確かにお日様に当たっていると
ポカポカととても暖かく
気持ちの良い陽気に包まれていると
12月になったとは思えないですよね。

先日友人たちと

「インフルエンザワクチン接種」

について話題になりましたので

「予防は必要??」

について語ってみようと思います。

今のような季節に入りますと
インフルエンザワクチン接種についての
話題がTVなどで飛び交いますが
どうしても

「インフルエンザは怖い!」

という印象を持ってしまいます。
そんなに怖いものなら

予防接種で先手を打ちたくなるのも
分かります。
また

「自分が感染したら周りの迷惑になる」

という周りへの気遣いから
予防接種を受けておこうと思われる方も
多いのではないでしょうか。


ワタシ達が「恐怖」や「不安」を感じるのは

・潜在意識(過去生)の中に
 そのコトに対するトラウマがある

・そのコトに対して無知である


からです。

もちろんこれだけに限ったコトでは
ないと思いますが。

「何故だか分からないけど怖い!」

という方は
過去生で体験をされたコトからくる
トラウマが強く影響されていると
思われます。
何故なら
潜在意識というのは

rose記憶の玉手箱や〜♪

だからです!
その玉手箱をひっくり返してみると
嬉しい感情も 楽しい感情も
悲しい感情も 憎しみの感情も
良し悪し関係なく出てきます。
全てはあなたの体験で得た”思い出の品々”です。

ですから
インフルエンザにかかるのが怖いと
感じているとすれば
過去生で似た経験があるのでしょう。

メンタル面ではイシリス33メソッドで
安全・簡単に修復するコトができます。

もう一つの

無知からくる恐怖

への克服は
それについて自分で調べてみる
コトをオススメします。
TVや人からの受け流しで決めつけずに
自分が納得できるまで調べていくと
「恐怖」が「理解」に変わっていきます。

そうすることによって
誰かに頼ったり
依存したりすることなく
自分の人生をしっかりと歩んでいけるのです。


5年ほど前に
女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが
「将来の乳がん予防のための乳房切除」
をされたというニュースがありました。
彼女の母方ががん系統だとのコトで
がんになる可能性をなくすために
手術をされたようですね。

そのような行為が「予防」と呼ぶのか
なんとも難しいところですが
アンジェリーナさんの一件を見ると

がんに対する恐怖

があったのかなと感じました。

真の予防とは

病に対する恐怖や不安を取り除くこと

ではないかと思います。

あなたが病気に対する恐怖を手放した時
どんな予防も必要なくなるでしょう。
何故なら
もう共鳴できる「恐怖感」があなたの心から
なくなっているため
”負の引き寄せ”が起こらなくなるからです。


先日読み終えたボブ・フリゼール氏の

「この本に真実は何もない
 しかし、それがまさに現実なのである」
  
という長いタイトル本に

…病気はただで起きてくるのではありません。
それは呼吸と思考と感覚と行為の使い方が
適切でなかったゆえの結果なのです。
いかなるものであれ、
この生におけるあなたの思考や感覚や行為が
健康状態をも含むあなたの現実を
創り出しているのです…

あなたの考え方や行動という意識によって
今の”あなた”を作っている


と語っておりました。

万が一病気になったとしても
それは自分自身を振り返る時なのです。
病のお陰で突っ走っていた自分に
気づかせてもらえるチャンスだと思えると
もはや病気とは

「戦う敵」ではなく

「最良の味方」なのかも知れません。




格言この一言に尽きます…

PageTop